豆知識

薬に依存し過ぎない身体作りを目指す

ミネラル×発酵ごはん&米粉おやつ教室を主宰しておりますKEIKOです。

 

 
 
ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます
 
 
 
皆さんは風邪を引いたら、すぐ薬を飲みますか?
 
 
 
私の場合は、とりあえず薬は飲まずに
身体を休め早めに寝て様子を見るようにしてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

現代は西洋医学が主流

 
 
病院に行ったら、必ずと言っても言い程お薬を処方されますよね!?
 
 
 
 
薬を処方しないお医者様はまずいないでしょう。
私は薬を否定している訳ではなく、薬を飲む必要がある時だって必ずあるので
そんな時は飲むべきだとは思っています。
 
 
 
 
 
現に私は、潰瘍性大腸炎という難病患っているので毎日、免疫抑制剤を服用しています。
薬なしでは、病状を悪化させる可能性もあるため、一生薬を飲み続けなければなりません。
 
 
 
 
だから薬は否定しないです!
 
 
 
でも、飲まなくても良いのに
ちょっと風邪っぽいから悪化しない内に
薬を飲んでおこうというのは
 
それこそカラダの免疫を下げてしまう原因になりかねないと思います。
 
 
 
 
薬は病気を治す目的ではなく、病気の症状を抑える目的のもの。
 
 
 
 
なので病気を根本から治すことは出来ないんですよね。
 
 
 
薬を使用すれば使用する程儲かる人がいるので、
その人達のために、せっせとお金を払っているようなものなんです。
 
 
 

アロマオイルを利用する

 
 
ついこの間、仕事中急に喉が痛くなり
唾を飲み込んだだけで激痛だったので
しゃべることすら出来ませんでした。
 
 
 
帰宅後、熱を測ると38℃をこえており
困ったな…と思った私は
 
 
まず薬を飲むのではなく
 
「オンガード」というアロマオイルをディフューズし早めに寝ました。
 
 
 
すると夜中1時くらいに目を覚ましてしまった時に、身体がとても軽かったので
熱を測ったところ平熱まで下がっていたんです!
 
 
 
この即効性にはビックリ!
 
 
 
本当に必要な時は薬を頼ることも大事だけれど、
ちょっとした体調不良であれば
アロマを生活に取り入れてみるのも有りだと思います!
 
 
 

海外ではアロマが処方される国もある

 
日本は、まだまだ薬を処方させるお医者様ばかりなので西洋医学中心ですが
 
海外では患者さんが来た時に薬ではなく
アロマをお渡ししたり
薬剤師さんがその人にあったアロマをブレンドして処方している国もあるんですよ!
 
 
 
 
薬を飲むと、肝臓で解毒、分解されて肝臓を通り尿として排泄されます。
ですが、加齢と共に負担が掛かりやすくなりますし、薬を飲み過ぎていても負担になります。 
 
 
 
 
 
 
私は何故か持病の薬が全く身体にあわず、骨髄抑制が起きてしまうため
飲んでいて意味あるのかしらー!?レベルの服用をしています。笑
 
 
 
 
 
薬だけでは症状を抑えることが出来ないので
最高グレード(オーガニックで不純物0)のアロマを使用することと、
 
ミネラル&発酵を日々の食事に取り入れることをして病気に負けない身体を目指しています。
 
 
 
 
 
私のお教室では、アロマをディフューズして
お客様をお迎えしております。
日本でも病院でアロマをディフューズしているところが多くなってきました。
 
 
 
 
アロマはリラックス効果も抜群!
アロマ漂うお教室で腸に優しい、お料理やお菓子作りを楽しんで頂けるとうれしいです♪
 
 
 
※レッスンはリクエスト制になっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいね~!
 
 

レッスン一覧

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です